コレステロール降下薬「スタチン」が新型コロナの死亡者減らす 海外で研究報告

公開日: 更新日:

 コレステロールを下げる「スタチン」という薬がある。1970年代に日本の遠藤章氏が発見した世界初の本格的なコレステロール降下薬として知られ、世界中で最も使われている薬のひとつといわれる。そのスタチンが新型コロナウイルス感染症の死亡率を下げるという報告がある。東邦大学名誉教授の東丸貴信氏に聞いた。

 ◇  ◇  ◇

 今年10月、学術誌「PLoS Medicine」に、スタチンの使用は新型コロナウイルス感染症の死亡率低下に関連しているという研究結果が報告された。

 スウェーデンのカロリンスカ研究所のチームが、同国の全国処方登録データを基にして45歳以上のストックホルムの全住民(96万3876人)の中から、新型コロナウイルスのパンデミック前(2019年3月1日~2020年2月29日)にスタチンを新規処方された人を抽出(16万9642人)し、2020年3月1日から11月11日まで追跡。期間中に新型コロナウイルス感染症で死亡した2545人のうち、スタチンを使っていた人は765人、使っていなかった人は1780人で、スタチン使用者は新型コロナで死亡するリスクが12%低かった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」