コロナワクチン接種後死亡 厚労省が新たに5人の救済を認定

公開日: 更新日:

 新型コロナワクチン健康被害を審査する厚労省の「第155回疾病・障害認定審査会 感染症・予防接種審査分科会」が12日に開催され、新たに5人の死亡一時金(4420万円)と葬祭料(21万2000円)の請求が認められた。これにより死亡一時金と葬祭料が認定された合計は20人となった。その内訳は男性10人、女性10人で、最年少は26歳女性、最高齢は96歳女性。平均年齢は74.55歳。新型コロナワクチンの副反応によって亡くなったとされる人への補償金額は8億8824万円となる計算だ。

■基礎疾患なしの36歳男性も

 今回、認められたのは、①急性心不全で亡くなった96歳女性(関連する基礎疾患及び既往症として高血圧と一過性脳虚血あり)②嘔吐と出血性ショックの73歳男性(肺真菌症、腎不全後の移植あり)③高血圧、嘔吐、めまい、突然死の69歳男性(脳梗塞、腹部大動脈瘤、労作性狭心症、COPDなどあり)④突然死の66歳男性(低酸素性脳症あり)⑤急性循環不全の36歳男性(関連する基礎疾患及び既往症なし)の5人。ほかに、22歳から96歳までの男女15人の医療費・医療手当の請求が認められた。認められた疾病名・障害名は、急性心不全、高血圧・嘔吐・めまい、急性小脳失調症、右低温障害型感音、血球貪食性リンパ組織球症の再燃、右小脳梗塞、量下肢麻痺など、下痢・脱水・横紋筋融解症、視神経脊椎炎スペクトラムなど。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変