高血圧症の克服(1)降圧剤を飲んでも治らなかった血圧が正常に

公開日: 更新日:

 初夏の日差しを感じ始めた今年5月、イベント企画会社を経営する早川栄治さん(仮名.69歳=埼玉県在住)は、思いがけない経験をする。

 20年ほど前に「高血圧症」と診断された早川さんは、以来、降圧剤「アムロジピンOD錠」5ミリグラム(その後10~15ミリグラム)を毎朝服用してきた。2カ月に1回、定期的に診察を受けている担当医から、「血圧管理手帳」の提出も義務付けられている。

 とくにこの3年間、血圧の推移を毎日記録したその小型の手帳には、家庭内の最高血圧(収縮期血圧、正常血圧は115㎜Hg未満)が140~150台、最低血圧(拡張期血圧、同75未満)が90~100と高血圧が常態化した測定値が並ぶ。

「5月22日の朝でした。いつものように血圧を測定したところ、突然、数値が下がったのです。上が121、下が82の数値で、脈拍は79でした」

 測定法を間違ったのか、使い慣れた「上腕式血圧計」の故障なのか、あるいは単3形アルカリ乾電池4個が電池切れなのか。早川さんは、もう一度測ってみた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変