著者のコラム一覧
古谷彰子愛国学園短期大学准教授

早稲田大学大学院卒。早稲田大学時間栄養学研究所招聘研究員、愛国学園短期大学准教授、アスリートフードマイスター認定講師。「食べる時間を変えれば健康になる 時間栄養学入門」「時間栄養学が明らかにした『食べ方』の法則」(ともにディスカヴァー・トゥエンティワン)などがある。

【コラーゲンペプチド】肌の弾力性や潤い改善だけでなく痛み軽減も

公開日: 更新日:

 古代エジプトや古代中国では、コラーゲンを含む動物の皮や骨が傷の治癒や美容目的で使用されていました。この時代には、すでに動物性の素材に再生力や保湿効果があることがわかっていて、医療や美容の一環として利用されていた記録があるのです。

 中世ヨーロッパでも、コラーゲンを含む食品や薬草が広く利用されていました。特に、骨や皮を煮込んで作られるブイヨン(スープ)は、健康維持や病後の回復に効果的であるとされていたようです。これらの伝統的調理方法は、現代のコラーゲンペプチド製品の基盤となっています。

 20世紀に入ると、科学技術の進歩によってコラーゲンの化学構造や機能が研究されるようになり、1950年代にはコラーゲンの三重らせん構造が発見されました。そして80~90年代にかけて、酵素処理によってコラーゲンを低分子化する技術が開発されます。これにより、体内での吸収効率が高いコラーゲンペプチドが製造されるようになったのです。

 現代では、サプリメントや美容製品に利用されるとともに、コラーゲンペプチドの美容や健康に対する効果に対する研究が数多く報告されています。たとえば、2014年に発表された研究では、コラーゲンペプチドの摂取が肌の弾力性や潤いを改善し、シワの深さを減少させることが報告されています。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで