著者のコラム一覧
古谷彰子愛国学園短期大学准教授

早稲田大学大学院卒。早稲田大学時間栄養学研究所招聘研究員、愛国学園短期大学准教授、アスリートフードマイスター認定講師。「食べる時間を変えれば健康になる 時間栄養学入門」「時間栄養学が明らかにした『食べ方』の法則」(ともにディスカヴァー・トゥエンティワン)などがある。

【ホエイ】朝食前の摂取で筋肉増強と満腹感によるダイエット効果も

公開日: 更新日:

 スポーツ栄養だけでなく、健康維持やダイエット目的でも広く利用されているホエイ由来のタンパク質(ホエイプロテイン)。その歴史はとても古く、古代ギリシャやローマ時代に遡ります。乳製品が重要な栄養源とされていた乳清(ホエイ)がチーズ製造の副産物として生成されており、さらに健康や体力回復のために利用されていたという記録があります。

 その後、19~20世紀初頭の産業革命期には主に廃棄物とみなされていたホエイですが、20世紀中期、栄養学の進展によりその高品質なタンパク質源としての価値が再評価されたのです。1970~1980年代にかけてフィットネスやボディビルディングの人気と共にスポーツ栄養として注目され始め、1990~2000年代には製品の多様化と品質向上が進み、濾過技術の進化によって高品質のホエイプロテインが市場に出回っています。

 そんなホエイには必須アミノ酸が豊富に含まれます。中でも、筋肉合成に重要なバリン、ロイシン、イソロイシンと呼ばれる分岐鎖アミノ酸(BCAA)が多いことが知られています。筋肉中のタンパク質を構成しているアミノ酸の中でも、BCAAの占める割合は約35%と言われるので、パフォーマンスの向上や、筋力トレーニングをするには、BCAAが大切な栄養素のひとつとなるわけです。また、他のプロテインと比較して吸収速度が非常に速く、筋肉の修復や合成を素早く促進する特徴もあるのです。摂取後に運動を行うことで、脂肪燃焼や体脂肪の減少を促進することが期待されます。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」