かかとのガサガサが治らないのは病気のサインでしょうか?

公開日: 更新日:

 足の不快な症状のひとつに「かかとのガサガサ」があります。主な原因は乾燥です。靴を履いていると足は蒸れる一方で、自宅で過ごす時間が多かったり普段サンダルしか履かないなど、素足で過ごす時間が長いと足は乾燥し皮膚が硬くなります。とりわけ高齢者は皮脂の分泌量が減るので注意が必要です。

 さらに、サンダルなどかかとが固定されない靴を履くと歩くたびにかかとに摩擦が生じますが、スニーカーを履いていても靴ひもで足の甲がしっかりと固定されていなければ、靴の中で足が動いてしまいかかとに摩擦が加わります。刺激に対抗しようとかかとの皮膚が肥厚化すると、硬くなってひび割れてしまうのです。

 そのため洗いすぎてこすると角質がボロボロと剥がれ落ちたり、ひび割れた箇所が靴下に引っ掛かったり、ストッキングが伝線しやすくなります。悪化すると痛みが強くなり、「歩けない」と皮膚科を受診される方も少なくありません。

 そういった方には保湿剤を処方していますが、必ずしも処方薬がいいとは限りません。患者さんによっては市販のワセリンや尿素クリーム、シアバターでかかとの乾燥が改善されるケースも見られるため、診察の際にその方に合った保湿剤のアドバイスも行っています。保湿剤は入浴後の清潔な足に塗り、さらに保湿効果を高めたい場合にはその上から靴下をはいて就寝するといいでしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで