著者のコラム一覧
田中里佳順天堂医院足の疾患センター長

2002年東海大学医学部卒業、04年同大学形成外科入局、06年米国ニューヨーク大学形成外科学教室留学、12年順天堂大学医学部形成外科学講座准教授、医局長を経て現職を務める。

足の親指を上に反らすと痛むのは病気のサインでしょうか?

公開日: 更新日:

「足の親指の付け根が痛くて歩けないんです。就職活動中で毎日パンプスを履かなくてはならず、ここ最近は靴に足を入れた瞬間からひどく痛むし、赤く腫れていて……」

 そう話すのは、都内の大学に通う20代前半の女性。就職活動のため連日パンプスを履いていたところ、足の親指の付け根が痛くなったと当院を受診され、問診とエックス線画像から「強剛母趾」と診断されました。

 強剛母趾は、歩行などで、足の親指の付け根にある第1関節(MTP関節)を上に反らした際に、そこが強く痛むのが特徴で、変形性関節症のひとつです。

 MTP関節は中足骨と基節骨で構成され、関節の表面を覆う軟骨によりスムーズな関節活動が行われています。加齢や足に合わない靴の着用で足裏のアーチが崩れて低くなると、足のかかと側にある中足骨が前方へ押し出され、歩くたびに骨同士が当たり続けて軟骨関節が擦り減ります。むき出しになった骨の部位に炎症が起こると、足に痛みが生じるのです。

 指が反り返りやすいパンプスやヒールの着用、踏み返し動作が多いランナーの人に見られやすい。ただ、足の親指が痛み足が内側に大きく変形する外反母趾と違って、強剛母趾の場合、関節の中で変形が起こるため見た目からは判断できません。そのため痛みの部位から痛風と勘違いして内科を受診されている方も少なくありません。痛みを抱えたまま歩き続けると、踏み返し動作ができないうえに、痛みをかばうような歩き方になって体の他の部位に支障を来す恐れがあります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方