佐野史郎が故郷の味に舌鼓を打つ!島根料理の店「主水 日本橋店」

公開日:  更新日:

 マザコンやストーカーなど強烈なキャラクターを熱演する一方、正統派からコミカルな役柄まで幅広くこなす俳優の佐野史郎(58)。故郷は島根県松江市で、日頃からこよなく郷土に思いを馳せる佐野が、グルメ番組でオススメしていたのが島根料理の店「主水(もんど) 日本橋店」。

 場所は地下鉄三越前駅から歩いてすぐ。島根県の特産品を販売する「にほんばし島根館」のすぐ隣にあり、山海の幸をふんだんに使った地方色豊かな料理に定評がある店だ。

「島根は豊かな自然に恵まれた食材の宝庫。その四季折々の味を楽しんで欲しいというのがうちのコンセプトです」と話すのはスタッフ。魚介は取れたての新鮮なものを山陰から毎日仕入れるこだわりよう。選び抜いた素材で再現する郷土の味が近隣サラリーマンはもちろん、上京した島根出身者にも親しまれている。


 そして「この時季にぜひ味わって欲しい」(スタッフ)というのが島根沖で取れたサバの料理。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る