酒豪の石倉三郎が30年来、通い続ける 浅草 ホッピー通りの大衆居酒屋「大勝」

公開日:  更新日:

 元コメディアンで俳優の石倉三郎(67)は何しろ酒が好き。酒席に呼ばれたら、よほどのことがなければ断らないという芸能界きっての酒豪である。そんな石倉が30年来懇意にしているのが浅草にある、大衆居酒屋「大勝」だ。

 場所は浅草寺境内の西側に続く飲み屋街、通称“ホッピー通り”沿い。ホッピーといえば、ビールが高価で飲めない庶民が支持してきた下町文化の象徴だが、何しろこの店はこの界隈でもいち早くホッピーを取り扱ってきたという、先駆け的な存在だ。

 昭和44年の創業以来、貧しいオヤジのよりどころだったこの店に年中足を運んでいたのが芸人の卵たち。“食えない芸人”に理解のあったこの店は、そんな彼らのたまり場でもあった。

「芸人さんは一人前になるまでが本当に大変。高い店なんてとても行けないからね。浅草にはそういう下積みの芸人さんがたくさんいて、ウチみたいな安い店に来てはよく飲んでたんですよ」と店主。そのひとりが下積み時代の長かった石倉というわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る