酒豪の石倉三郎が30年来、通い続ける 浅草 ホッピー通りの大衆居酒屋「大勝」

公開日: 更新日:

 元コメディアンで俳優の石倉三郎(67)は何しろ酒が好き。酒席に呼ばれたら、よほどのことがなければ断らないという芸能界きっての酒豪である。そんな石倉が30年来懇意にしているのが浅草にある、大衆居酒屋「大勝」だ。

 場所は浅草寺境内の西側に続く飲み屋街、通称“ホッピー通り”沿い。ホッピーといえば、ビールが高価で飲めない庶民が支持してきた下町文化の象徴だが、何しろこの店はこの界隈でもいち早くホッピーを取り扱ってきたという、先駆け的な存在だ。

 昭和44年の創業以来、貧しいオヤジのよりどころだったこの店に年中足を運んでいたのが芸人の卵たち。“食えない芸人”に理解のあったこの店は、そんな彼らのたまり場でもあった。

「芸人さんは一人前になるまでが本当に大変。高い店なんてとても行けないからね。浅草にはそういう下積みの芸人さんがたくさんいて、ウチみたいな安い店に来てはよく飲んでたんですよ」と店主。そのひとりが下積み時代の長かった石倉というわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    菅政権のワクチン政策はデタラメ続き 縁故企業へのばらまきを許すな

もっと見る