10%が事実ならつき通す 女がバレバレのウソつく心理

公開日: 更新日:

 大阪府堺市の教育委員会が市立高校の女性教諭(57)に、減給10分の1(3カ月)の懲戒処分を下したことが話題になっている。教諭は08年からこの高校に勤務し、住所を和泉市の一戸建てと申告して、6カ月ごとに通勤手当6万2750円を受け取ってきた。

 ところが、12年4月に「住所が違う」という情報が寄せられ、市教委が調べたところ、堺市内のマンションに家族と一緒に住んでいることが判明。自転車で学校に通っているという情報もあったため、これまで6回にわたって事情聴取を行ってきた。

「教諭はいまだに<和泉市に住んでいる>の一点張り。だが、同市の家はひと月の電気料金がわずか358円で、約1年間の水道使用は1立方メートルに過ぎない。ガスも使っていません。なのに教諭は“電気を使わず懐中電灯を使っている”“トイレはコンビニを借りた”と常識では考えられない言い訳を続けています」(地元関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

もっと見る