• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

10%が事実ならつき通す 女がバレバレのウソつく心理

 大阪府堺市の教育委員会が市立高校の女性教諭(57)に、減給10分の1(3カ月)の懲戒処分を下したことが話題になっている。教諭は08年からこの高校に勤務し、住所を和泉市の一戸建てと申告して、6カ月ごとに通勤手当6万2750円を受け取ってきた。

 ところが、12年4月に「住所が違う」という情報が寄せられ、市教委が調べたところ、堺市内のマンションに家族と一緒に住んでいることが判明。自転車で学校に通っているという情報もあったため、これまで6回にわたって事情聴取を行ってきた。

「教諭はいまだに<和泉市に住んでいる>の一点張り。だが、同市の家はひと月の電気料金がわずか358円で、約1年間の水道使用は1立方メートルに過ぎない。ガスも使っていません。なのに教諭は“電気を使わず懐中電灯を使っている”“トイレはコンビニを借りた”と常識では考えられない言い訳を続けています」(地元関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る