10%が事実ならつき通す 女がバレバレのウソつく心理

公開日:  更新日:

 大阪府堺市の教育委員会が市立高校の女性教諭(57)に、減給10分の1(3カ月)の懲戒処分を下したことが話題になっている。教諭は08年からこの高校に勤務し、住所を和泉市の一戸建てと申告して、6カ月ごとに通勤手当6万2750円を受け取ってきた。

 ところが、12年4月に「住所が違う」という情報が寄せられ、市教委が調べたところ、堺市内のマンションに家族と一緒に住んでいることが判明。自転車で学校に通っているという情報もあったため、これまで6回にわたって事情聴取を行ってきた。

「教諭はいまだに<和泉市に住んでいる>の一点張り。だが、同市の家はひと月の電気料金がわずか358円で、約1年間の水道使用は1立方メートルに過ぎない。ガスも使っていません。なのに教諭は“電気を使わず懐中電灯を使っている”“トイレはコンビニを借りた”と常識では考えられない言い訳を続けています」(地元関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る