10%が事実ならつき通す 女がバレバレのウソつく心理

公開日: 更新日:

 大阪府堺市の教育委員会が市立高校の女性教諭(57)に、減給10分の1(3カ月)の懲戒処分を下したことが話題になっている。教諭は08年からこの高校に勤務し、住所を和泉市の一戸建てと申告して、6カ月ごとに通勤手当6万2750円を受け取ってきた。

 ところが、12年4月に「住所が違う」という情報が寄せられ、市教委が調べたところ、堺市内のマンションに家族と一緒に住んでいることが判明。自転車で学校に通っているという情報もあったため、これまで6回にわたって事情聴取を行ってきた。

「教諭はいまだに<和泉市に住んでいる>の一点張り。だが、同市の家はひと月の電気料金がわずか358円で、約1年間の水道使用は1立方メートルに過ぎない。ガスも使っていません。なのに教諭は“電気を使わず懐中電灯を使っている”“トイレはコンビニを借りた”と常識では考えられない言い訳を続けています」(地元関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  3. 3

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  6. 6

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  7. 7

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  8. 8

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

  9. 9

    組織委の露骨な人種差別発覚! アフリカ人パフォーマーの開会式出演を排除していた

  10. 10

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

もっと見る