「出てこいや!」の高田延彦をとりこにした和菓子の名店「松島屋」の豆大福

公開日: 更新日:

 そんな名店の豆大福は薄く軟らかい皮の中につぶあんがたっぷり! 一口食べて驚くのは塩大福かと思うほどに甘さが控えめで上品なこと。皮はほどよく塩気がきいていて、ほんのりとした甘さのあんと絶妙な相性。小豆の風味が実に豊かで素朴な味わいがじんわりと染み渡る。あんのしっとり感、皮のもっちり感とは対照的に豆のほどよい歯ごたえが、これまたいいあんばい。見事なまでのコラボレーションに、高田が太鼓判を押すのもナットク!

 大福は豆大福のほかに「草大福」「きび大福」の3種類(各170円)。もうひとつの名物「みたらし団子」(150円)もモチッと軟らかい団子と、とろ~り醤油ダレが相性抜群の逸品だ。ぜひ作りたてを。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  5. 5

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  8. 8

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  9. 9

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る