日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【エバラ食品工業】 42歳管理職で年収800万円

 手軽に一人鍋が作れる「プチッと鍋」や、焼き肉のたれ「黄金の味」などを製造販売する同社は、横浜市に本社を置く大手食品メーカー。

 管理職のAさん(42)は「一言でいうと社員に優しい会社です。年収は800万円でおおむね満足しています」とニコニコ顔だ。

 若手でも残業時間が青天井なので同業他社より給与水準は高いという。

「人事評価は2WAY方式(目標管理とプロセス評価)なので透明性が高く公平だと思います。昇進に関しては研修が充実していて、きちんと仕事をしていれば自然と職位が上がる仕組みです。昇進試験もありますが、難しくはありません。なので、社員の定着率は高いですね」とAさん。

 住宅手当やクラブ活動の助成、社員旅行や福利厚生など、待遇面でも申し分ないのだという。

「商品のネームバリューが高く、営業に苦労することはありません。何せ『焼き肉のたれ』ではシェアはナンバーワンですから。調味料が主力なので利益率も高く、その分、社員の待遇が良くなる。最近は育児と仕事を両立しようという女子社員が増えています。ただ、イクメンへの理解はまだまだです。大手企業ではありますが、『男は仕事、女は家庭』といった風潮が主流ですから。今後、女性部長が現れるようになれば変わるかもしれません」と語るAさん。

 会社のスローガン「こころ、はずむ、おいしさ。」は、社員の待遇にも表れているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事