• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ぶっかけすだち素麺(教える人:小泉功二さん「虎白」)

 どんぶり一面に咲いた美しい翡翠色の花。昆布とかつおの風味がきいたキリリと冷えたつゆに、薄くスライスしたすだちの香りと酸味が爽やかなぶっかけ素麺は、食べる直前にすだちの果汁をキュッとひと搾り。マンネリ化しがちな夏のお昼ごはんはもちろん、もてなしの締めにもオススメだ。

■材料(4人分)
水2リットル/昆布50グラム/だしパック2~3袋/薄口醤油100ミリリットル/みりん40ミリリットル/素麺320グラム(1人分80グラム)/すだち5~6個

【薬味】ネギ(白い部分)1/2本/大葉1束/ミョウガ、ラディッシュ各2個/芽ネギ1パック

■作り方
1.つゆを作る。鍋に水、昆布、だしパックを入れて強火にかけ、沸騰したら火を弱めてだしが出るまで5~10分くらい(だしパックの表記通りに)火にかける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事