ビーフステーキピラフ(教える人:和知徹さん「マルディグラ」)

公開日: 更新日:

 ほんのりピンク色に染まったご飯に豪快なステーキがゴロゴロ。和知流ビーフピラフは、牛肉を米と一緒に炊き込むのではなく、あとから加えるスタイル。プチトマトの甘味と酸味がじんわり染みた炊き込みご飯に、すき焼き風甘辛味で仕上げたステーキを混ぜ合わせれば、ご飯のウマ味はさらにパワーアップ。あとを引くおいしさだ。

■材料(4人分)
米250グラム/牛のロース塊肉400グラム/プチトマト12個/タマネギ1個/ニンニク1片/タイム1枝/オリーブオイル大さじ1/塩、こしょう各適量/バター45グラム/グラニュー糖30グラム/醤油大さじ2

■作り方
1.牛肉は重さに対して1%の塩をして1時間~一晩おく。トマトはヘタを取り、タマネギ、ニンニクはみじん切りにする。
2.鍋にオリーブオイルを入れて中火にかけ、香りが出てきたらトマトを入れる。塩、こしょうをし、トマトの皮にシワが寄ってきたら強火にしてスプーンなどで動かしながら火を入れる。全体に油が回って艶が出てきたら、トマトをいったん取り出す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  5. 5

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  6. 6

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  9. 9

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る