うなぎ梅ご飯(教える人:小泉功二さん「虎白」)

公開日:  更新日:

 昔から、うなぎと梅干しは食べ合わせが悪いといわれるが、実はその逆で、相性抜群だ。

「脂ののったうなぎを酸っぱい梅干しと一緒に食べると、口の中がすっきりしてつい食べすぎてしまうので、それを防ぐためらしいですよ」と小泉さん。

 サッと炙ったうなぎの蒲焼きと叩いた梅肉を、炊き上がったご飯に混ぜるだけと簡単に作ることができる。

■材料(4人分)
米3合/うなぎの蒲焼き1枚/梅干し3個/味噌20グラム/かつお昆布だし540ミリリットル/薄口しゅうゆ大さじ1/あさつき適量/サラダ油大さじ1/七味唐辛子適宜

■作り方
1.米をといで15~20分浸水させる。ざるにあげ、水気を切って土鍋に入れ、だしと薄口しょうゆを加えて強火にかける。沸騰したら弱火にして10分加熱し、火を止めて10分蒸らす。炊飯器の場合は普通に炊く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る