開成・柳沢校長が指摘「日本人はもっと知識を表現するべき」

公開日:  更新日:

日本の高校生は「世界一の知識」を表現する機会がなさすぎる

 東京大学と米ハーバード大学の両方で10年以上教授をやり、2011年から母校の開成中学・高等学校の校長を務めているのが、この人、柳沢幸雄氏(67)。日米の知的エリートを比較すると、大学入学時は日本の学生の方が優秀なのに、30歳ぐらいになると逆転されてしまう傾向が強いという。その結果、日本はグローバル競争で米国に後れを取ってしまっている。いったい、なぜ? 問題は、日本社会の評価システムにあるそうだ。

――日本の高校生は、そんなに優秀なんですか。

 高校を卒業した段階の若者の知識は、間違いなく世界一だと思います。日本の高校生はよく勉強しているし、全体としてレベルが高い。とりわけトップ校から東大に入るぐらいの生徒が持っている知識は、ものすごいですよ。それに比べればハーバード大の連中は、高校時代まで勉強してきていないから、知識が少ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る