日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

開成・柳沢校長が指摘「日本人はもっと知識を表現するべき」

日本の高校生は「世界一の知識」を表現する機会がなさすぎる

 東京大学と米ハーバード大学の両方で10年以上教授をやり、2011年から母校の開成中学・高等学校の校長を務めているのが、この人、柳沢幸雄氏(67)。日米の知的エリートを比較すると、大学入学時は日本の学生の方が優秀なのに、30歳ぐらいになると逆転されてしまう傾向が強いという。その結果、日本はグローバル競争で米国に後れを取ってしまっている。いったい、なぜ? 問題は、日本社会の評価システムにあるそうだ。

――日本の高校生は、そんなに優秀なんですか。

 高校を卒業した段階の若者の知識は、間違いなく世界一だと思います。日本の高校生はよく勉強しているし、全体としてレベルが高い。とりわけトップ校から東大に入るぐらいの生徒が持っている知識は、ものすごいですよ。それに比べればハーバード大の連中は、高校時代まで勉強してきていないから、知識が少ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事