• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

焼き餃子(教える人:吉田勝彦さん「ジーテン」)

 最近では女性にも大人気の餃子。ご飯のおかずにも酒のつまみにもなるスグレモノとはいえ、カリッと香ばしい焦げ目がムラなくついた美しい餃子を作るのは意外に難しい。

「餃子をすべて並べてから火をつけて、強火で一気に焼くのがポイントです。水を入れて蒸し焼きにした後は、チリチリと音がして完全に水気が飛んでから、サラダ油を入れてフライパンをゆすると、餃子がきれいにはがれますよ」と吉田さん。

 中国では春節に餃子を食べる習慣があるそうで、お金の形を模して縁起を担いだ四角い水餃子が本来の姿なのだとか。いつもの三日月形とはひと味違った「春節餃子」は新鮮だ。

■材料(4人分)
餃子の皮1袋/キャベツ100グラム/タマネギ60グラム/ニラ1/2束(50グラム)/豚ひき肉180グラム/牛脂20グラム

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る