焼き餃子(教える人:吉田勝彦さん「ジーテン」)

公開日: 更新日:

 最近では女性にも大人気の餃子。ご飯のおかずにも酒のつまみにもなるスグレモノとはいえ、カリッと香ばしい焦げ目がムラなくついた美しい餃子を作るのは意外に難しい。

「餃子をすべて並べてから火をつけて、強火で一気に焼くのがポイントです。水を入れて蒸し焼きにした後は、チリチリと音がして完全に水気が飛んでから、サラダ油を入れてフライパンをゆすると、餃子がきれいにはがれますよ」と吉田さん。

 中国では春節に餃子を食べる習慣があるそうで、お金の形を模して縁起を担いだ四角い水餃子が本来の姿なのだとか。いつもの三日月形とはひと味違った「春節餃子」は新鮮だ。

■材料(4人分)
餃子の皮1袋/キャベツ100グラム/タマネギ60グラム/ニラ1/2束(50グラム)/豚ひき肉180グラム/牛脂20グラム

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る