• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ポトフ(教える人:和知徹さん「マルディグラ」)

 塊肉と大ぶりのゴロゴロ野菜をじっくり煮込んだポトフは、いわば洋風おでん。野菜は長く煮てもいいものなら何でもいいのでお好みで。「かぶを入れると甘味が出るので、ぜひ加えてください」と和知さん。

 ポイントはスープのもとの代わりにベーコンを使うこと。

「ベーコンは洋風のかつお節です。塩漬けにしたスペアリブの塩気と相まって、スープのもとよりじんわりうま味がきいたいいだしになります」

 市販のベーコンはアミノ酸のくさみやゼラチン質が気になるので、いったんお湯で洗うこと。このひと手間がおいしさの決め手だ。

■材料(4人分)
【A】豚スペアリブ500グラム/塩大さじ1/こしょう適量
ベーコン(塊)200グラム/にんじん1本/じゃがいも(小)4個/かぶ4個/玉ねぎ1個/大根1/2本 /岩塩適量/粗びき黒こしょう適量

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  6. 6

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  7. 7

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

  8. 8

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る