胃が痛むサラリーマン必読 人生が変わる「てきとうな生き方」

公開日: 更新日:

 あんなふうに生きられたらどんなに愉快か――植木等演じる平均が主人公の映画「無責任シリーズ」は実に痛快だった。「♪人生に大事なことはタイミングにC調に無責任」(無責任一代男)を地で行き、トントン拍子に出世する夢物語だ。さすがに「無責任」はちょっと無理だが、「てきとう」ぐらいだったら、今でも通用しないか。

「仕事を無責任にこなしたり、新入社員がいきなり社長になったり……これは映画ならではの“夢物語”でしょうが、“てきとうに生きる”ぐらいだったら、普通のサラリーマンでも可能です」

 こう言うのは「平常心のコツ」の著者で心理カウンセラーの植西聰氏。実際にビジネスシーンで考えてみよう。たとえば――。

●みんなの前で怒鳴られた時→反省したフリをして聞き流す。

●同僚の仕事を手伝ってあげたのに礼も言われず、腹が立った時→心の中では「ありがとう」と言っているが恥ずかしくて言えなかったと考える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  8. 8

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る