「家計調査」でハッキリ 妻や親を働きに出すサラリーマン急増

公開日: 更新日:

 庶民生活が急速に悪化している。総務省が30日に公表した家計調査(14年12月分)をみると愕然としてしまう。

 2人以上世帯の消費支出は1世帯当たり33万2363円と、前年同月比で実質3.4%の減少だった(写真=表1)。モノの値段が上がり、庶民は生活防衛のため、支出を抑えているということだろう。

 家計調査に「勤労者世帯の収支」という項目がある。12月分は、これまでと違う驚愕の統計結果が出た(写真=表2)。「配偶者の収入」が17カ月ぶりに増加し、「他の世帯員収入」は14カ月ぶりに増加に転じたのだ。

「主婦がパートなど働きに出ないと家計が立ち行かなくなっているサラリーマン世帯が急増したことになります。『他の世帯員の収入』とは年老いた親や子供の稼ぎが大半でしょう。アベノミクスは株高をもたらし、富裕層の収入を押し上げたが、庶民生活は反対にどんどん追い込まれている。家計調査は、それを如実に表しています」(株式評論家の倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    日米首脳会談“台湾問題”中国激怒で打撃を受けかねない14社

もっと見る