• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ザーサイ塩焼きそば(教える人:吉田勝彦さん「ジーテン」)

「中国でも、雪菜や高菜、ザーサイといった漬物の塩分を料理に使うことが多いんです。そのほうが塩気だけでなくうま味もあるので」と吉田さん。

 ザーサイは味付きの瓶詰めではなく、塩漬けの塊を使うのがマストだ。ポイントは最初に麺に焼き目をつけること。そうすると香ばしさが増し、市販の蒸し麺とは思えないほど、食感も味もグンとアップするのだ。

 鶏肉やエビ、しめじからもだしが出るので、余計な調味は一切必要なし。シンプルながら、具ににんにくの芽を加えてスタミナアップさせるのは男の料理ならでは。

 彩りのパプリカを忘れないところが「料理は見た目も大事」というプロのこだわり。そこも見習いたい。

■材料(2人分)
鶏むね肉50グラム/むきエビ4尾(50グラム)
キャベツ70グラム/にんにくの芽2本/ザーサイ30グラム/しめじ1/3房(30グラム)/パプリカ20グラム

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る