• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ザーサイ塩焼きそば(教える人:吉田勝彦さん「ジーテン」)

「中国でも、雪菜や高菜、ザーサイといった漬物の塩分を料理に使うことが多いんです。そのほうが塩気だけでなくうま味もあるので」と吉田さん。

 ザーサイは味付きの瓶詰めではなく、塩漬けの塊を使うのがマストだ。ポイントは最初に麺に焼き目をつけること。そうすると香ばしさが増し、市販の蒸し麺とは思えないほど、食感も味もグンとアップするのだ。

 鶏肉やエビ、しめじからもだしが出るので、余計な調味は一切必要なし。シンプルながら、具ににんにくの芽を加えてスタミナアップさせるのは男の料理ならでは。

 彩りのパプリカを忘れないところが「料理は見た目も大事」というプロのこだわり。そこも見習いたい。

■材料(2人分)
鶏むね肉50グラム/むきエビ4尾(50グラム)
キャベツ70グラム/にんにくの芽2本/ザーサイ30グラム/しめじ1/3房(30グラム)/パプリカ20グラム

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る