かに玉(教える人:吉田勝彦さん「ジーテン」)

公開日:  更新日:

 ふわふわの卵に甘酢っぱいとろ~りのあんがかかった「かに玉」は子どもたちも大好物。

 ポイントは卵を炒めすぎないこと。

「たっぷりの油を十分熱して、強火で一気に揚げるように炒めます。余熱でも多少火が入るので、気持ち早いかなというくらいのタイミングで皿にあげたほうが失敗がありません」

 甘酢あんには野菜をたっぷり混ぜ込んでボリュームアップ。タケノコのシャキシャキ感、シイタケのうま味、スナップエンドウの彩りがなんともぜいたく。ご飯にのせて「天津飯」にしてもおいしい。

 ちなみに、天津には天津飯なる料理はない。

■材料(2人分)
かに缶1/2缶(50グラム)/タケノコ(水煮)30グラム/生シイタケ1枚/スナップエンドウ(絹さや)4個/長ネギ(白い部分)20グラム(6センチ)/卵(L玉)3個/サラダ油大さじ2/かたくり粉小さじ1/ごま油小さじ1/2

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る