• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

蒸し牛タン(教える人:山西和文さん「銀座 朱雀」)

 焼き肉屋に行くとほとんどの人が「とりあえず」と頼む牛タンはもちろんおいしいが、もっと分厚く切って食べたいのが本音。

「だったら塊のまま蒸して、好みの厚さに切って食べるのがいちばん」と、厚さ3センチはあろうかという迫力の牛タンがドドーン。箸を入れるとほろりと切れる軟らかさ。噛みしめるとジュワーッと肉汁とうま味が口の中にあふれ出す。見てびっくり、食べてびっくりの迫力だ。

「牛タンは意外に脂質が多いので、できれば半日置いて固まった脂を取り除いたほうがさっぱりした仕上がりになります」

 カラシの他、こしょうやわさび、ゆずこしょうなどをつけて。日本酒にもワインにもぴったりだ。

■材料(4人分)
牛タン500グラム/塩適量/こしょう適量/
【A】しょうが100グラム/ねぎ(青い部分)100グラム/酒360ミリリットル/水1リットル/昆布30グラム

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  5. 5

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る