• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スパゲティ・ボンゴレ(教える人:和知徹さん「マルディグラ」)

 あさりが旬の季節だ。スパゲティ・ボンゴレを家族に振る舞いたいのはやまやまだが、肝心のあさりの身が縮んだり、出しがらのようにパサパサで味がなかったりと、かつての失敗が脳裏をよぎる。

 パスタとソースにあさりのうま味を感じながらも、身もふっくらジューシーでフレッシュ感あるボンゴレを目指すべく和知さんに教えを請うと、「あさりの口が開いたら、いったん取り出すこと」がポイントだという。このひと手間を惜しまないことが、成功への近道だ。

 さらに「パスタにあさりのジュースをしっかり煮含めるつもりで」弱火でソースをからめ、最後にあさりを戻して混ぜ合わせれば、イメージ通りの仕上がりになること確実だ。健闘を祈る!

■材料(1人分)
パスタ(1・0~1・2ミリくらいのもの)80グラム/あさり(殻つき)300グラム/にんにく1片/唐辛子1本/パセリ1/3束/塩適量/オリーブオイル大さじ2/白ワイン100ミリリットル

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る