不動産バブル崩壊 それでも値崩れしないマンションの選び方

公開日: 更新日:

不動産バブル」崩壊の兆候を裏付けるデータがまた出た。野村総研が今月22日に公表した予測で、十分な対策がない場合、2033年の空き家数は約2150万戸に達し、13年に比べ2.6倍に増えるという。3戸に1戸が「空き家」になる計算だ。

 不動産コンサルタントの長嶋修氏が言う。

「人口が減少し、空き家が急増する日本では、今後、不動産価値に『天国と地獄』くらいの差が生じます。中長期的にみて値上がりするのは都心の一部でしょうから、購入を検討している人は要注意です」

 今年4月の首都圏マンションの平均価格は5305万円。80年代後半と同等の水準にまで達している。ただ、その中身は玉石混交。〈値崩れしにくいマンション〉も交じっているという。“目利き”に定評がある住宅ジャーナリストの榊淳司氏に選び方を聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  7. 7

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  8. 8

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  9. 9

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  10. 10

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

もっと見る