天野ひろゆきを虜にした「UCHOUTEN」の黒毛和牛ハンバーグ

公開日: 更新日:

 オーダーしてから待つこと15分、名物の「黒毛和牛のハンバーグ」(ランチ1100円、ライス・みそ汁付き)が登場。フライパンとオーブンでじっくりと焼き上げてうま味を閉じ込めたもので、濃厚なデミグラスソースがたっぷり、惜しみなくかけられている。

 そのふっくらとした丸いハンバーグにナイフを入れると、肉汁が一気にジュワ~ッ! できたてを頬張れば、外側はカリッと心地よい歯ごたえで、中は何ともジューシーだ。

 デミグラスソースは開店以来の継ぎ足しで、ここにも黒毛和牛を使うという贅沢さ。仕上げにテールスープを加えることで、味に奥行きを出している。その味わい深いソースが肉のうまさをいっそう引き立て、噛めば噛むほどうま味を実感! 快感が全身を駆け巡り、まさに“有頂天”になること請け合いだ。

 食への好奇心旺盛な天野はネットで探してこの店に目をつけ、足を運ぶようになったのだそう。ほか、メンチカツやオムライスなども好評だ。

(住)東京都豊島区南池袋2-36-10 SoHo103
[電話]03・3982・0077

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  3. 3

    前田敦子「同窓会呼ばれず」で露呈 元AKB新旧エースの明暗

  4. 4

    アベ“断韓”外交で早くも始まった経済損失に日本企業が悲鳴

  5. 5

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  6. 6

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

  9. 9

    2回戦154km星稜・奥川に虎熱視線…懸念される“藤浪の悪夢”

  10. 10

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る