広島では6人死傷…過去の「ビル火災」と2つの共通点

公開日:  更新日:

 広島の雑居ビル火災で思い出されるのが、01年に起きた東京・歌舞伎町ビル火災(死亡44人)と08年の大阪個室ビデオ店放火事件(死亡16人)だ。いずれの火災にも“共通点”がある。

「自動火災報知機はアテにできないということです。広島の火災では発生時に作動せず、火事に気づいたメイドカフェの従業員が手でボタンを押している。歌舞伎町では誤作動が多いからと、そもそも報知機の電源を切っていた。大阪ではいったんベルは鳴りましたが、ビルの管理人が誤作動と思い込み、すぐに止めてしまったそうです」(捜査事情通)

 そのせいで客や従業員が逃げ遅れ、被害が拡大した可能性が高いのだ。風俗ライターの蛯名泰造氏がこう言う。

「報知機の誤作動で客がパニックになっても面倒だからと、消防当局の検査が入る時以外は、電源を切っているという風俗店は少なくありません。歌舞伎町の火災以降しばらくは店側もナーバスになっていましたが、喉元過ぎればで、最近は非常階段に備品を山積みにして通れなくなっている風俗ビルも目立つ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る