TPP参加もへっちゃら 日本が世界に誇る「特Aブランド米」

公開日: 更新日:

 TPP参加によって近い将来、国外から安価な米が市場に乱入してくる。しかし、日本には世界に誇れるおいしい米が数多くある。その最高峰に位置するのが、日本穀物検定協会が毎年2月に発表する「米の食味ランキング」で“特A”に輝いた米。平成26年産の特Aブランド米は〈表〉の42品種だ。

■特Aランクは日進月歩で増加

 現在、日本には260ものブランド米(銘柄米)がある。日本穀物検定協会が昨年11月から今年2月にかけて行った平成26年産の食味官能試験には、約半分にあたる133産地品種が検査依頼をした。

 ところで、食味官能試験とは――。日本穀物検定協会の平島和男理事に聞いた。

「当協会では昭和46年産米から実施しています。試験方法は、全国5カ所でそれぞれ20人の専門パネリスト(20~50歳代均等で、男女比もほぼ同数)が、炊飯した白飯を試食して評価するというもの。ランク付けは、複数産地コシヒカリのブレンド米を基準米とし、これと試験対象産地品種を比較して、おおむね同等のものを『A’』、良好なものを『A』、特に良好なものを『特A』とし、やや劣る『B』、劣る『B’』と合わせて5段階で評価しています。なお、『特A』を追加したのは平成元年からです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  2. 2

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  3. 3

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  4. 4

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  5. 5

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  8. 8

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  9. 9

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  10. 10

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る