デモに「届け出」は必要なのか、無届けならどうなるの?

公開日:  更新日:

 原発に安保法、そして現在は沖縄・辺野古の米軍基地の問題にからみ、全国で反対デモが頻発している。こうしたデモを行う際、どこかに届け出をして許可を得る必要はあるのだろうか。

「憲法上、デモ自体は原則自由です。しかし法律上、道路を使用してデモを行う場合は、道路交通法と都道府県の条例に基づいて、警察署に許可申請を行う必要があるとされています」

 こう言うのは、国会前デモでの逮捕者の弁護人を務める酒田芳人弁護士だ。しかし実際には、道路使用許可を取らないデモもある。今年8月に安保法案に反対して参議院議員会館前の歩道に座り込んでハンストを行った大学生たちは、無届けだった。

「警察が、雨よけのために置いていた段ボール箱を“工作物だから撤去しろ”と言いに来ましたが、それだけ。無届けデモをやめろと言われたりはしていません」(ハンスト実行委員会の関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る