マイナンバー時代の遺産相続 “暦年贈与”納税で節税できる

公開日: 更新日:

 金融資産の遺産相続は、最小限の申告で切り抜ける。それが、マイナンバー時代の節税だ。まずは子供や孫、妻などの名義で、銀行につくった「名義預金」を使う方法である。贈与目的なら、年110万円までは基礎控除の範囲内だが、これまでは控除枠を超えて預金を続けても、税務署にバレずに済むケースがあった。あまりにも口座が多過ぎてある程度は黙認されたためだ。

 しかし、すべての国民にマイナンバーが割り振られ、今後、ナンバーと銀行口座とのひも付けが始まると、チョロまかしは確実にバレる。では、蓄えた資産を相続する際、節税テクがないかというと、そうでもない。

 ファイナンシャルプランナーの紀平正幸氏が言う。

「マイナンバー導入後は、あえて毎年、最小限の贈与税を申告しながら贈与する方が、結果的に節税になります。その方法だと、『暦年贈与』と判断され、相続の対象にならないのです。あえて基礎控除をオーバーさせるのは、悪質な相続税の脱税と指摘されないためです。控除の枠内でも長期間にわたると『連年贈与』と見なされ、過去にさかのぼって相続税を課される恐れがあるのです。マイナンバー導入後は、簡単にチェックされるため、『暦年贈与』で税金を払いながら節税するのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  8. 8

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  9. 9

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  10. 10

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

もっと見る