相次ぐ改悪…クレジットカード「ポイント」お得なのは?

公開日: 更新日:

 昨年末に各社がポイント制度を見直したため、利用者は右往左往させられている。はたしてどれが得なのか。ほぼすべてのカードを個人で入手、年会費だけで年間70万円以上支払っているという、クレジットカード専門家で「ポイ探」代表の菊地崇仁氏に聞いた。

■軒並みポイント還元率が改悪!

 ポイント還元率の高かったカードの規約変更はこんな具合だ。

「高還元率の2トップ、漢方スタイルクラブカード、レックスカードは、ともに1.75%から1.5%に改悪、リーダーズカードも1.8%から1.32%になりました。また、ナナコチャージをするとポイントが貯まるのが利点だった、オリコや三菱UFJニコス発行のカードも、チャージは可能ですがポイントが貯まらなくなった。しかもこういった変更が前日にホームページで掲載されることもあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  3. 3

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  4. 4

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  5. 5

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  6. 6

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  9. 9

    わずらわしさからFA宣言…他球団からはトレードの打診も

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る