相次ぐ改悪…クレジットカード「ポイント」お得なのは?

公開日:  更新日:

 昨年末に各社がポイント制度を見直したため、利用者は右往左往させられている。はたしてどれが得なのか。ほぼすべてのカードを個人で入手、年会費だけで年間70万円以上支払っているという、クレジットカード専門家で「ポイ探」代表の菊地崇仁氏に聞いた。

■軒並みポイント還元率が改悪!

 ポイント還元率の高かったカードの規約変更はこんな具合だ。

「高還元率の2トップ、漢方スタイルクラブカード、レックスカードは、ともに1.75%から1.5%に改悪、リーダーズカードも1.8%から1.32%になりました。また、ナナコチャージをするとポイントが貯まるのが利点だった、オリコや三菱UFJニコス発行のカードも、チャージは可能ですがポイントが貯まらなくなった。しかもこういった変更が前日にホームページで掲載されることもあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る