日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

デフレ不況なのに一転 生保契約額「19年ぶり増加」のナゼ

 減りつづけていた「生命保険の契約額」が、19年ぶりに増えた、と話題になっている。生命保険協会が1日発表した。

 生保協会によると、2015年12月末の個人保険の保有契約額は、前年末比0・2%増の858兆円だった。個人保険の契約額は1996年の1495兆円をピークに下がりつづけていたが、年間ベースで19年ぶりにプラスに転じた。とくに「一時払い終身保険」がヒットしたという。

 デフレ不況がつづくこの20年、どの家も家計を見直し、生命保険の契約も減ってきたが、なぜプラスに転じたのか。金融ジャーナリストの小林佳樹氏はこう言う。

「生命保険の契約額が増えたのは、銀行が大量に売っているからです。銀行の窓口販売、いわゆる“窓販”です。生命保険会社から販売を委託された銀行には、手数料が入る。この手数料の割合がいいのです。たとえば投資信託を売った時の手数料は2~3%程度ですが、一時払い終身保険は6~7%。だから必死に売っている。一時払い終身保険は、貯蓄のような商品なので、銀行員も勧めやすいのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事