デフレ不況なのに一転 生保契約額「19年ぶり増加」のナゼ

公開日: 更新日:

 減りつづけていた「生命保険の契約額」が、19年ぶりに増えた、と話題になっている。生命保険協会が1日発表した。

 生保協会によると、2015年12月末の個人保険の保有契約額は、前年末比0・2%増の858兆円だった。個人保険の契約額は1996年の1495兆円をピークに下がりつづけていたが、年間ベースで19年ぶりにプラスに転じた。とくに「一時払い終身保険」がヒットしたという。

 デフレ不況がつづくこの20年、どの家も家計を見直し、生命保険の契約も減ってきたが、なぜプラスに転じたのか。金融ジャーナリストの小林佳樹氏はこう言う。

「生命保険の契約額が増えたのは、銀行が大量に売っているからです。銀行の窓口販売、いわゆる“窓販”です。生命保険会社から販売を委託された銀行には、手数料が入る。この手数料の割合がいいのです。たとえば投資信託を売った時の手数料は2~3%程度ですが、一時払い終身保険は6~7%。だから必死に売っている。一時払い終身保険は、貯蓄のような商品なので、銀行員も勧めやすいのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  4. 4

    安倍晋三を擁護してきた連中も泥舟と一緒に沈めなければ

  5. 5

    原巨人ドラ2異例の先物買い 次期阿部政権への置き土産?

  6. 6

    高倉健さんが結婚祝いにロレックスの腕時計を届けてくれた

  7. 7

    GoTo延長の菅政権に聞かせたい米シンクタンク“日本の評価”

  8. 8

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  9. 9

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  10. 10

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

もっと見る