各地に続々 ジムより格安「ランステ」に銭湯活用のススメ

公開日:

 ランニングシーズンの到来で、週末は全国各地で大会が開かれている。年明けは、市民ランナーの一大イベント・東京マラソンが控える。目当てのレースに向けて、走り込みする人も少なくないだろう。

 そんな中、さいたま市は「スポーツ振興まちづくり計画」の一環として、先月から市内11の銭湯で「銭湯ランステ」をスタート。ランステは、ランニングステーションの略で、荷物を預けて着替えてからランニングに出掛け、戻ってきたら汗を流して帰る中継地点。スポーツジムが一般的だが、銭湯の有効活用と市民の健康増進を兼ねて自治体がテコ入れした格好だ。

 神奈川県では、公衆浴場業生活衛生同業組合に加盟する銭湯のうち66施設がランステ可能だ。同組合のHPには、各施設を起点として「5キロ」「10キロ」「15キロ」のコースマップが掲載されているほど。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る