各地に続々 ジムより格安「ランステ」に銭湯活用のススメ

公開日: 更新日:

 ランニングシーズンの到来で、週末は全国各地で大会が開かれている。年明けは、市民ランナーの一大イベント・東京マラソンが控える。目当てのレースに向けて、走り込みする人も少なくないだろう。

 そんな中、さいたま市は「スポーツ振興まちづくり計画」の一環として、先月から市内11の銭湯で「銭湯ランステ」をスタート。ランステは、ランニングステーションの略で、荷物を預けて着替えてからランニングに出掛け、戻ってきたら汗を流して帰る中継地点。スポーツジムが一般的だが、銭湯の有効活用と市民の健康増進を兼ねて自治体がテコ入れした格好だ。

 神奈川県では、公衆浴場業生活衛生同業組合に加盟する銭湯のうち66施設がランステ可能だ。同組合のHPには、各施設を起点として「5キロ」「10キロ」「15キロ」のコースマップが掲載されているほど。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  3. 3

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  9. 9

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る