• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

エアコンも空気清浄機も値下げ 家電は春に買うべし!

「家電を買うなら、ちょうど今の季節がオススメ。どの製品も全体的にまんべんなく価格が下がるので、大型家電も含めて買い替えを考えていたような人こそ、すぐに電器店へ走るべきです」

 こう言うのは、家電コンシェルジュの神原サリー氏。本紙連載「愛しの家電日誌」で、使って便利な目玉商品を発掘中の家電のプロだ。神原氏は家電を買うなら「春がオトク」と力説する。その理由は――。

「この業界では通常、冬のボーナスシーズンに合わせて新製品を出すことが多いんです。実際、9月、10月ごろの秋シーズンは新製品発表会が集中し、我々も大忙し。ですが、暮れのボーナス商戦を経て正月も過ぎてしまうと消費者の購買欲も一段落するため、家電製品の価格はおしなべて下がる傾向にある。私も改めて価格を調べてみましたが、まさにいまが狙い目だと実感しました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る