妻も呆れる自己チューぶり “ゲーム男子”は夫婦関係も壊す

公開日:

 ゲーム人口は4336万人に上るという。3人に1人が何らかのゲームに触れている計算だ。確かに通勤中の電車内は、ビシッと決めたスーツ姿の男性がスマホを凝視していると思ったら、ゲームだったりする。ゲームが悪いとは言わないが、困っている人もいる。39歳の香さんが吐き捨てるように言う。

「ウチのダンナ、ダメだわ。『ダイエット中だからご飯いらない』と言ったクセに、部屋でゲームしながらコッテコテのドーナツ5個平らげてるのよ。ドーナツの方が、あたしの料理よりよっぽど高カロリーだっつうの」

 2歳年下の夫は、新型ゲーム機や人気ソフトがリリースされるたびに買い求め、帰宅すると寝る間を惜しんで熱中。連日の2時間睡眠をタテに「今週は睡眠不足だから、週末の外出はやめよう」と言い放ったとか。優先順位がどこかおかしい。

 35歳の友美さんも、同い年のゲーマー夫に呆れている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る