妻も呆れる自己チューぶり “ゲーム男子”は夫婦関係も壊す

公開日: 更新日:

 ゲーム人口は4336万人に上るという。3人に1人が何らかのゲームに触れている計算だ。確かに通勤中の電車内は、ビシッと決めたスーツ姿の男性がスマホを凝視していると思ったら、ゲームだったりする。ゲームが悪いとは言わないが、困っている人もいる。39歳の香さんが吐き捨てるように言う。

「ウチのダンナ、ダメだわ。『ダイエット中だからご飯いらない』と言ったクセに、部屋でゲームしながらコッテコテのドーナツ5個平らげてるのよ。ドーナツの方が、あたしの料理よりよっぽど高カロリーだっつうの」

 2歳年下の夫は、新型ゲーム機や人気ソフトがリリースされるたびに買い求め、帰宅すると寝る間を惜しんで熱中。連日の2時間睡眠をタテに「今週は睡眠不足だから、週末の外出はやめよう」と言い放ったとか。優先順位がどこかおかしい。

 35歳の友美さんも、同い年のゲーマー夫に呆れている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  2. 2

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  3. 3

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  4. 4

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  5. 5

    千葉被災者から怒りと悲鳴…支援金わずか13億円という冷酷

  6. 6

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  7. 7

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  10. 10

    G原監督 オーナー絶賛も“独裁”拍車で「短命政権」の可能性

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る