妻も呆れる自己チューぶり “ゲーム男子”は夫婦関係も壊す

公開日:

 ゲーム人口は4336万人に上るという。3人に1人が何らかのゲームに触れている計算だ。確かに通勤中の電車内は、ビシッと決めたスーツ姿の男性がスマホを凝視していると思ったら、ゲームだったりする。ゲームが悪いとは言わないが、困っている人もいる。39歳の香さんが吐き捨てるように言う。

「ウチのダンナ、ダメだわ。『ダイエット中だからご飯いらない』と言ったクセに、部屋でゲームしながらコッテコテのドーナツ5個平らげてるのよ。ドーナツの方が、あたしの料理よりよっぽど高カロリーだっつうの」

 2歳年下の夫は、新型ゲーム機や人気ソフトがリリースされるたびに買い求め、帰宅すると寝る間を惜しんで熱中。連日の2時間睡眠をタテに「今週は睡眠不足だから、週末の外出はやめよう」と言い放ったとか。優先順位がどこかおかしい。

 35歳の友美さんも、同い年のゲーマー夫に呆れている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る