【特別対談】林真理子×三枝成彰 「50代の仕事」を語る

公開日:

 それぞれの世界の第一線で活躍し続ける作曲家・三枝成彰氏(74)と、作家・林真理子氏(63)。旧知の間柄の2人は多忙を極める中でも新幹線に飛び乗り、京都まで熊の肉を食らいに弾丸ツアーを敢行するなど、公私ともにアグレッシブな日々を送っている。年齢を全く感じさせることなくエネルギーに満ちあふれた2人は、その秘訣について「仕事」と口を揃える。

三枝 林さんとの付き合いは、かれこれ35年以上、お互いに独身時代からの仲だよね。僕の場合はバツイチだけど。

林 ええ。文化人が集まる六本木のバー「INGO」で三枝さんはブイブイ言わせてましたよね。そんな三枝さんを見て、安藤和津さんに「すてきな人がいる」と話したら、「夫(奥田瑛二さん)の親友だからいつでも紹介してあげるわよ」って。でも、三枝さんにはすでに付き合っているお相手がいて、失礼しましたって感じでしたけれど。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  4. 4

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る