【特別対談】林真理子×三枝成彰 「50代の仕事」を語る

公開日:

 それぞれの世界の第一線で活躍し続ける作曲家・三枝成彰氏(74)と、作家・林真理子氏(63)。旧知の間柄の2人は多忙を極める中でも新幹線に飛び乗り、京都まで熊の肉を食らいに弾丸ツアーを敢行するなど、公私ともにアグレッシブな日々を送っている。年齢を全く感じさせることなくエネルギーに満ちあふれた2人は、その秘訣について「仕事」と口を揃える。

三枝 林さんとの付き合いは、かれこれ35年以上、お互いに独身時代からの仲だよね。僕の場合はバツイチだけど。

林 ええ。文化人が集まる六本木のバー「INGO」で三枝さんはブイブイ言わせてましたよね。そんな三枝さんを見て、安藤和津さんに「すてきな人がいる」と話したら、「夫(奥田瑛二さん)の親友だからいつでも紹介してあげるわよ」って。でも、三枝さんにはすでに付き合っているお相手がいて、失礼しましたって感じでしたけれど。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る