• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【特別対談】林真理子×三枝成彰 「50代の仕事」を語る

三枝 仕事って断れないんだよね。でも、ある日、トイレの便座に座って食べたものがウンコになって流れる様子を見ていたら、あ、俺の仕事も消費されて忘れられるだけのウンコみたいなものだなって思ったわけ。

林 あらまあ。

三枝 大河ドラマの音楽をやると、周囲から「凄いですね、さすがですね」なんて褒められるんだけど、2年くらい経つと、もう誰も覚えてない。大河は2本やったけど、全く同じ。それで、そういう仕事はやめて、歴史に名前が残る仕事をやろうって思ったんだよね。

林 瀬戸内寂聴先生は「作家なんて死んだ翌年には世間から忘れ去られてしまう」っておっしゃってましたね。亡くなられた後も本屋で見かける現代作家は藤沢周平さん、司馬遼太郎さん、向田邦子さんぐらい。本当に消えてなくなっちゃう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る