【特別対談】林真理子×三枝成彰 「50代の仕事」を語る

公開日:

三枝 仕事って断れないんだよね。でも、ある日、トイレの便座に座って食べたものがウンコになって流れる様子を見ていたら、あ、俺の仕事も消費されて忘れられるだけのウンコみたいなものだなって思ったわけ。

林 あらまあ。

三枝 大河ドラマの音楽をやると、周囲から「凄いですね、さすがですね」なんて褒められるんだけど、2年くらい経つと、もう誰も覚えてない。大河は2本やったけど、全く同じ。それで、そういう仕事はやめて、歴史に名前が残る仕事をやろうって思ったんだよね。

林 瀬戸内寂聴先生は「作家なんて死んだ翌年には世間から忘れ去られてしまう」っておっしゃってましたね。亡くなられた後も本屋で見かける現代作家は藤沢周平さん、司馬遼太郎さん、向田邦子さんぐらい。本当に消えてなくなっちゃう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る