不具合対応で発覚 東芝エレベーター「故障率3%」の衝撃

公開日:  更新日:

「1台の巻き上げ機に不具合がある」――東京都内にある高級マンション(築11年)の管理組合に昨年、保守点検を依頼していた独立系のエレベーター会社から、そんな連絡が入った。

 ちなみに巻き上げ機とは、エレベーターの人が乗る「かご」を動かす装置のこと。管理組合の元役員がこう証言する。

「マンションにある4台のエレベーターは、すべて東芝エレベータ製で、保守サービスも最初から同社に任せていたんです。ところが予算の都合で、昨年4月から、半額でできるという独立系の会社に変更。翌5月の定期点検でエレベーター1台に不具合が見つかり、『修理に300万円かかる』と言われました」

 驚いた管理組合が、マンション管理士を呼んで立ち会い調査を行い、過去のデータを確認したところ、不具合が見つかったエレベーターと、さらにもう1台の巻き上げ機の「綱車」に、多い年で2ミリ程度の摩耗があったことが判明。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  4. 4

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  8. 8

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  9. 9

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る