不具合対応で発覚 東芝エレベーター「故障率3%」の衝撃

公開日: 更新日:

「1台の巻き上げ機に不具合がある」――東京都内にある高級マンション(築11年)の管理組合に昨年、保守点検を依頼していた独立系のエレベーター会社から、そんな連絡が入った。

 ちなみに巻き上げ機とは、エレベーターの人が乗る「かご」を動かす装置のこと。管理組合の元役員がこう証言する。

「マンションにある4台のエレベーターは、すべて東芝エレベータ製で、保守サービスも最初から同社に任せていたんです。ところが予算の都合で、昨年4月から、半額でできるという独立系の会社に変更。翌5月の定期点検でエレベーター1台に不具合が見つかり、『修理に300万円かかる』と言われました」

 驚いた管理組合が、マンション管理士を呼んで立ち会い調査を行い、過去のデータを確認したところ、不具合が見つかったエレベーターと、さらにもう1台の巻き上げ機の「綱車」に、多い年で2ミリ程度の摩耗があったことが判明。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る