犯人の6割が…痴漢冤罪リスクを高める電車内の“立ち位置”

公開日: 更新日:

 とにかく痴漢に間違われないこと。会社人生を全うするには、それが一番大事だ。

「なぜ、痴漢冤罪に巻き込まれるか。たまたま痴漢のそばに立っているから、犯人と間違われる。それもあります」(鉄道警察隊関係者)

 警視庁の統計(2016年)によると、痴漢は、午前7~9時の通勤通学時間帯に約30%が集中して発生し、場所は72%が電車と駅、被害女性の74%が10代、20代だ。裏を返せば、その時間、場所、女性の近くに立つと、冤罪リスクが高まる。

 ちょっと古いデータだが、警察庁の「電車内の痴漢防止に係る研究会の報告書」(11年)によると、検挙された219人の痴漢のうち、58%が電車内の「左右のドアとドアの間」で痴漢を行ったという。

「ドアが開いた瞬間に、乗り降りの混雑に紛れて逃げやすいということもあります。そのドサクサ紛れに触って逃げるという痴漢も多い。逆に言えば、アナタが左右のドアとドアの間に立たなければ、冤罪のリスクは下がります。そこに立たざるを得なくなったら、両手で文庫本を読んだり手すりにつかまったり、両手がふさがっていることをアピールする。そんなときに片手でスマホをいじっていると、盗撮などあらぬ嫌疑までかけられかねません」(犯罪ジャーナリストの田代篤氏)

 最近は“痴漢冤罪保険”の加入者も急増しているという。何事も備えあれば、だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  3. 3

    磯野貴理子は女神か都合のいい女か…男女問題研究家の見解

  4. 4

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  5. 5

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  6. 6

    虎オーナー補強封印で…矢野監督に“糸井&福留切り”の大役

  7. 7

    国会議員らの毛髪検査で…発がん性「農薬」検出7割の驚愕

  8. 8

    芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

  9. 9

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  10. 10

    「引退危機」の声も… 阪神・藤浪に今オフメジャー挑戦案

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る