• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4年後には24倍になる! 米ハーバード大研究員が分析

 仮想通貨「ビットコイン」の価格が急上昇している。現在、1ビットコイン当たりの価格は約46万円。わずか3カ月で2倍に急騰している。ちょうど1年前は約6万円だったので、この1年で7倍以上も上昇している。OLが億万長者になった、なんて話も飛び交っている。

 この「ビットコイン大相場」は果たしてどこまで続くのだろうか。結論から言うと、1ビットコイン=1000万円を超えると予測する人もいれば、0円になると予測する人もいる。

 1000万円を超えると予測しているのは、米ハーバード大学の研究者であるデニス・ポルト氏。彼の見立てはこうだ。

 これまで、テクノロジーの発展は「ムーアの法則」に乗ってきた。これは「半導体の集積率は18カ月で2倍になる」という半導体業界の経験則のことで、パソコンや人工知能(AI)の計算能力はこの法則にしたがって伸びてきた。だから、ビットコイン相場もこの法則にのっとれば、「2021年にも1ビットコイン当たり10万ドル(約1100万円)になっていてもおかしくない」と主張しているのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  4. 4

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 5

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  6. 6

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る