ファミマがスポーツジムを 異業種参入続くコンビニの今後

公開日:

 コンビニが“キメラ”になりつつある――。

 30日、ファミリーマートがコインランドリーの運営に続いて、スポーツジムを始めると発表。自社ブランドの「Fit&GO」1号店を来年2月に東京都大田区に開設し、月々7900円の24時間営業で、5年間をメドに300店舗を目指す。出店の理由について「健康志向の高まりとライフスタイルの多様化に合わせてフィットネス事業に参入しました」(ファミリーマート広報)という。

 コンビニ業界では、セブン―イレブンが試験的に始めていた自転車の「ライドシェア」サービスを2018年度末までに5000台に拡大させることを決めたばかり。異業種参入がどんどん進んでいる。背景には、本業の小売りが振るわないことがある。宅配の受け取りやチケット購入など比較的伸びている「サービス」をさらに充実させようと考えているようだ。コンビニは今後どう変わっていくのか。流通アナリストでプリモリサーチジャパン代表の鈴木孝之氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

もっと見る