ファミマがスポーツジムを 異業種参入続くコンビニの今後

公開日: 更新日:

 コンビニが“キメラ”になりつつある――。

 30日、ファミリーマートがコインランドリーの運営に続いて、スポーツジムを始めると発表。自社ブランドの「Fit&GO」1号店を来年2月に東京都大田区に開設し、月々7900円の24時間営業で、5年間をメドに300店舗を目指す。出店の理由について「健康志向の高まりとライフスタイルの多様化に合わせてフィットネス事業に参入しました」(ファミリーマート広報)という。

 コンビニ業界では、セブン―イレブンが試験的に始めていた自転車の「ライドシェア」サービスを2018年度末までに5000台に拡大させることを決めたばかり。異業種参入がどんどん進んでいる。背景には、本業の小売りが振るわないことがある。宅配の受け取りやチケット購入など比較的伸びている「サービス」をさらに充実させようと考えているようだ。コンビニは今後どう変わっていくのか。流通アナリストでプリモリサーチジャパン代表の鈴木孝之氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る