• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

賃貸22年で住宅譲与 奥多摩町の地域活性化策は成功するか

「月額5万円の賃貸住宅に22年間住めば、入居者に土地と建物を譲与します」

 人口5229人、高齢化率49.1%(4月1日現在)の東京・奥多摩町が15日午前、同町福祉会館で“地域活性化策”の個別説明会を行った。

 譲与される物件は町有地に建設される2LDK(66平方メートル以上)の木造住宅。小丹波、海沢、留浦地区から好きな場所が選べる。対象は中学生以下の子供がいる43歳以下の移住希望者か、町民だ。15日から5月21日まで1世帯を募集。気になる建築費用は今後の入札で決まるという。

 午前10時の説明会開始と同時に十数組の夫婦、親子連れが訪れた会場には、町役場の若者定住化対策室、総務課などをはじめ、地元の13社の法人・企業が集まった。

 昨年末に高知県から奥多摩町に引っ越したばかりという2児の母親も希望者のひとり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  5. 5

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  9. 9

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  10. 10

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

もっと見る