【春野菜と山菜の酢味噌和えジュレ】ひたし地の“W使い”がキモ

公開日: 更新日:

件(東京・学芸大学)

 春の到来を告げる山菜は、独特のほろ苦さと香りがごちそうだ。

「山菜のおいしさを味わうなら、やっぱりおひたしに限りますよね。あくが強くて下ごしらえが大変そうに思うかもしれませんが、タラの芽やうるい、こごみなどは、さっと下茹でするだけなので、扱いやすいと思います。あとはおいしいだしさえあればいい」

 昆布とかつお節で濃いめにとっただしに調味料を加えてひたし地を作り、野菜を漬けるだけでなく、ゼラチンで固めたジュレを上からかけるという、ひたし地の“ダブル使い”がポイントだ。

 ジュレのほうは、冷ますとどうしても塩味が落ちて味がぼけるので、塩ひとつまみを加えることがおいしさの決め手だという。

 お酒はフレッシュでみずみずしく、米のうま味を感じるうすにごりの純米酒を。春野菜の苦味をまろやかに包み込んでくれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  5. 5

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  6. 6

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  7. 7

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  8. 8

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  9. 9

    元WHO専門委員・左門新氏「コロナ対策は95%達成で十分」

  10. 10

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

もっと見る