姫路城は年間200万人超 GWに行きたい「ニッポンの城」5選

公開日:

 城めぐりがブームだ。国宝のひとつ姫路城の入場者数は年間200万人を超える。2年前の5月に改修工事を終えた小田原城は80万人近い。改修前はせいぜい50万人だったから大幅に伸びている。GWに城散策を計画している人もいるだろうが、知識がないと楽しめないのでは? 不安もあるかもしれない。

「そんなことはありません。ポイントを押さえれば、初心者でも十分楽しめます」と言うのはお城マニア・観光ライターの、いなもとかおり氏だ。では、ポイントは?

「城は、防衛施設ですから、敵の侵入を防ぐための仕組みや工夫が随所に施されています。守り手の気持ちになって反撃する妄想をしながら城内を巡ると、見え方が変わりますよ」

 例えば出入り口。ほとんどの城で、2つの門の間に四角い空間を設けた「枡形門」が採用されているのは、敵からの攻撃を一方向に絞ることで、反撃しやすくするのが狙いだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る