• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

姫路城は年間200万人超 GWに行きたい「ニッポンの城」5選

 城めぐりがブームだ。国宝のひとつ姫路城の入場者数は年間200万人を超える。2年前の5月に改修工事を終えた小田原城は80万人近い。改修前はせいぜい50万人だったから大幅に伸びている。GWに城散策を計画している人もいるだろうが、知識がないと楽しめないのでは? 不安もあるかもしれない。

「そんなことはありません。ポイントを押さえれば、初心者でも十分楽しめます」と言うのはお城マニア・観光ライターの、いなもとかおり氏だ。では、ポイントは?

「城は、防衛施設ですから、敵の侵入を防ぐための仕組みや工夫が随所に施されています。守り手の気持ちになって反撃する妄想をしながら城内を巡ると、見え方が変わりますよ」

 例えば出入り口。ほとんどの城で、2つの門の間に四角い空間を設けた「枡形門」が採用されているのは、敵からの攻撃を一方向に絞ることで、反撃しやすくするのが狙いだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  9. 9

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る