姫路城は年間200万人超 GWに行きたい「ニッポンの城」5選

公開日:

 城めぐりがブームだ。国宝のひとつ姫路城の入場者数は年間200万人を超える。2年前の5月に改修工事を終えた小田原城は80万人近い。改修前はせいぜい50万人だったから大幅に伸びている。GWに城散策を計画している人もいるだろうが、知識がないと楽しめないのでは? 不安もあるかもしれない。

「そんなことはありません。ポイントを押さえれば、初心者でも十分楽しめます」と言うのはお城マニア・観光ライターの、いなもとかおり氏だ。では、ポイントは?

「城は、防衛施設ですから、敵の侵入を防ぐための仕組みや工夫が随所に施されています。守り手の気持ちになって反撃する妄想をしながら城内を巡ると、見え方が変わりますよ」

 例えば出入り口。ほとんどの城で、2つの門の間に四角い空間を設けた「枡形門」が採用されているのは、敵からの攻撃を一方向に絞ることで、反撃しやすくするのが狙いだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る