• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

湯原昌幸さん 大晦日に作ったとにかく酸っぱい紅白なます

 1971年に「雨のバラード」が大ヒット。その後、バラエティーで活躍した湯原昌幸さんは、このところアイドル歌手だった夫人の荒木由美子さんと共に、テレビや講演などで認知症だった実母の介護について語って注目を集めている。おふくろメシはそんな家族関係を抜きに語れない。

「由美子と結婚してすぐ同居していたおふくろの具合が悪くなって、20年間、介護しました」

 両親は茨城・牛久の出身。湯原さんも牛久で生まれ、東京・深川に出てきたのは小学校1年の時。両親は手広く事業を手がけ、母・桜井吉のさん(享年86)は夫の右腕となって会社を切り盛りする「男勝りで気丈な人」だった。

「東京へは夜逃げ同然で出てきたんです。オヤジが酒と女遊びに走って経済的に苦しくなっちゃって。負けん気の強いおふくろは黙っていないからしょっちゅう殴り合いの激しいケンカ。子供心にそれがイヤでね。“自分が結婚したらこんな夫婦にはなるまい”と思っていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る