湯原昌幸さん 大晦日に作ったとにかく酸っぱい紅白なます

公開日: 更新日:

 1971年に「雨のバラード」が大ヒット。その後、バラエティーで活躍した湯原昌幸さんは、このところアイドル歌手だった夫人の荒木由美子さんと共に、テレビや講演などで認知症だった実母の介護について語って注目を集めている。おふくろメシはそんな家族関係を抜きに語れない。

「由美子と結婚してすぐ同居していたおふくろの具合が悪くなって、20年間、介護しました」

 両親は茨城・牛久の出身。湯原さんも牛久で生まれ、東京・深川に出てきたのは小学校1年の時。両親は手広く事業を手がけ、母・桜井吉のさん(享年86)は夫の右腕となって会社を切り盛りする「男勝りで気丈な人」だった。

「東京へは夜逃げ同然で出てきたんです。オヤジが酒と女遊びに走って経済的に苦しくなっちゃって。負けん気の強いおふくろは黙っていないからしょっちゅう殴り合いの激しいケンカ。子供心にそれがイヤでね。“自分が結婚したらこんな夫婦にはなるまい”と思っていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る