須田鷹雄さん<5>券売機の裏で副業のラジオ番組に電話出演

公開日: 更新日:

 入社当初は世田谷の自宅から通っていたが、ほどなく津田沼の独身寮に入る。90年代になると、独身寮も個室化が進んでいたものの、昔ながらの相部屋だった。それから1年ほどで個室の独身寮に移ったという。

「個室の独身寮は、西船橋の武蔵野線のガード下にありました。当時は新築同然。ガード下でも防音や耐震がバッチリで、個室でしたからものすごく快適でした。風呂は大浴場で、部屋は8畳くらいあったんじゃないかなぁ。家賃は1万円チョイで、タダ同然。給料が安かったことを除けば、ほんと至れり尽くせりでしたね」

 不安定なライター業と社会的インフラを支えるJR東日本のサラリーマンとをてんびんにかけたら、JRを選ぶのが一般的だろう。しかし、快適な個室寮に移ってから、二足のワラジ生活が少しずつつらくなり、ライターを選択し始める。

「正直、体が2つあればどちらもやりたかった。でも、そのころからライター業がかなり増え、スケジュール調整が難しくなったのです。物書きはペンネームで姿を隠せますが、ラジオにも出演し始めていて、声をさらしていたんです。もちろん会社には内緒。自宅で電話出演していましたが、あるときどうやっても調整できなくて。職場で電話に出ざるを得なくなったのです。声が漏れないところをいろいろ探した結果、券売機の裏なら、だれにもバレずに済みそうで、そこでね。そのころからです。会社を辞めて、ライターとして独立しようと思ったのは」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  4. 4

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  5. 5

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  9. 9

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

  10. 10

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

もっと見る