3人に1人が年収1500万円超 「高収入夫」を捨てる妻の本音

公開日:

 相談者の47歳の女性は昨年、一回り年上の夫と離婚した。夫はセレクトショップを営み、生活は不自由ない。バッグや服など望むものは、何でも買える。それでも、「魚の食べ方が汚いのが、ずっと嫌だった」と振り返る。

「夫が55歳を越えると、ED気味になり、セックスの途中でダメになることが増えました。そんな自分を認めたくないのでしょう。『オマエがヘタクソだから』と何かと罵倒するようになったのです。最初は我慢していましたが、罵倒されるうちに夫の食べ方の汚さがことさら目につくようになって。次第に家にいる存在感さえも嫌になった。受け付けなくなったんですよ」

 金箔がはげたら、高収入夫も捨てられるということだ。

「年収1500万円の夫を持つような女性は、実家が裕福かキャリアがあるか、美貌の持ち主。この3つのいずれかを備えていますから、別れても相手に困らず、生活はできます。だから、離婚をためらわないのです」(山崎氏)

 離婚を決意した妻は、カネを積まれても逃げる。カネがものをいうことはないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る