• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3人に1人が年収1500万円超 「高収入夫」を捨てる妻の本音

 相談者の47歳の女性は昨年、一回り年上の夫と離婚した。夫はセレクトショップを営み、生活は不自由ない。バッグや服など望むものは、何でも買える。それでも、「魚の食べ方が汚いのが、ずっと嫌だった」と振り返る。

「夫が55歳を越えると、ED気味になり、セックスの途中でダメになることが増えました。そんな自分を認めたくないのでしょう。『オマエがヘタクソだから』と何かと罵倒するようになったのです。最初は我慢していましたが、罵倒されるうちに夫の食べ方の汚さがことさら目につくようになって。次第に家にいる存在感さえも嫌になった。受け付けなくなったんですよ」

 金箔がはげたら、高収入夫も捨てられるということだ。

「年収1500万円の夫を持つような女性は、実家が裕福かキャリアがあるか、美貌の持ち主。この3つのいずれかを備えていますから、別れても相手に困らず、生活はできます。だから、離婚をためらわないのです」(山崎氏)

 離婚を決意した妻は、カネを積まれても逃げる。カネがものをいうことはないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  10. 10

    納采の儀は困難…小室圭さんは「日本に帰れない」の声も

もっと見る