• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【キンキの煮付け】煮魚は魚の脂によってレジピを変える

 煮魚の作り方自体は簡単そうに見える。それに見た目が豪華だし、日本酒をちびちび1合くらいやってから、そろそろ飯にしようかな、という流れにも合う。

 ぜひとも上手に作りたいのだが、素人はいつも何かが足りない。キンキも金目鯛も値段が張るから、失敗を気にして臆してしまう。そんな悩みを打ち明けたら「魚によって煮る時間が違うんですよ」と南雲さんが教えてくれた。

「キンキや金目鯛など脂が乗っている魚を煮る時はこてこてに煮付ける。魚に味があるカサゴ、淡泊なシロムツのような魚は薄めに仕上げるんです」

 煮汁は魚によって違うのだ。キンキや金目鯛は濃く味付ける。強火で一気に炊いていく。とろみがついて……水アメとまではいかないが、箸が重たくなったら火を止める。短時間で仕上げることで魚にふっくら感が残る。味を染み込ませるのではなく、ふっくら煮上げて、タレをからめて食べる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  9. 9

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る