“食べ放題”はご飯やめん類、スープで客の胃袋を膨らませる

公開日: 更新日:

「食べ放題」「飲み放題」という惹句は、とても魅力的です。90分、120分といった時間制でも、好きなモノを好きなだけ食べられるビュッフェやバイキング形式は、ネット検索してもあまたのバリエーションが見つかります。

 旅行会社の国内ツアーでは、「海鮮&3種のカニ食べ放題」などが定番人気ですし、街には「焼き肉」「寿司」「スイーツ」「野菜総菜」「しゃぶしゃぶ」といった限定メニューでの食べ放題から、全品メニューが食べ放題・飲み放題の店も多く見かけます。

 変わりダネでは、男女の出会い目的の相席居酒屋なども「食べ飲み放題」形式で、男性30分1500円の課金制、女性が無料となっています。

 飲食店の原材料費は30%前後に抑えるというのが定石ですが、こうした「食べ飲み放題」の店では、原価率が5割を超える食材も多く、お客サイドにとってはコスパがかなりオトクといえます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  3. 3

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  4. 4

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  5. 5

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  6. 6

    日米安保破棄を示唆 トランプ発言の狙いは日米貿易交渉

  7. 7

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

  8. 8

    「静かに死にたい」田村正和が赤裸々に語った“好々爺”生活

  9. 9

    闇営業問題でTV各局大慌て…“我が道”路線テレ東の対応は?

  10. 10

    大谷翔平メジャー2年目でも“英語しゃべらず”伝説は本当か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る