“食べ放題”はご飯やめん類、スープで客の胃袋を膨らませる

公開日:

「食べ放題」「飲み放題」という惹句は、とても魅力的です。90分、120分といった時間制でも、好きなモノを好きなだけ食べられるビュッフェやバイキング形式は、ネット検索してもあまたのバリエーションが見つかります。

 旅行会社の国内ツアーでは、「海鮮&3種のカニ食べ放題」などが定番人気ですし、街には「焼き肉」「寿司」「スイーツ」「野菜総菜」「しゃぶしゃぶ」といった限定メニューでの食べ放題から、全品メニューが食べ放題・飲み放題の店も多く見かけます。

 変わりダネでは、男女の出会い目的の相席居酒屋なども「食べ飲み放題」形式で、男性30分1500円の課金制、女性が無料となっています。

 飲食店の原材料費は30%前後に抑えるというのが定石ですが、こうした「食べ飲み放題」の店では、原価率が5割を超える食材も多く、お客サイドにとってはコスパがかなりオトクといえます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る