【親子丼のアタマ】鶏肉を豚小間肉に代えてもおいしい

公開日:

 親子丼のアタマ、つまり、親子煮だ。

「市販のめんつゆや白だしを使えばより簡単ですが、ここはやはり『かえし』を使ってほしい。かえしを多めに使って常備しておけば、だしでのばすだけですから、そんなに手間はかかりません。きっと一味違ったものになるはずです」

 だしを吸ったジューシーな鶏もも肉、ふわふわの卵に、シャキシャキとしたタマネギの食感。ご飯はもちろんだが、酒にも合わないわけがない。

 例えば、鶏肉を豚小間肉に代えてもいいし、肉の代わりに油揚げ、豆腐を具にすれば、よりヘルシーだ。

 ボリュームが欲しいときには、スーパーで出来合いのトンカツを買ってきて卵でとじれば、カツ煮になる。

 この基本的なレシピを押さえておけば、いくらでもアレンジが利く。そんなことを考えながら「アタマ」をつまんでいたら、あっという間に冷酒が空になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  7. 7

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る